鉄の穴#8

がんがんいくぜ。せいぜい耐え抜くんだな。
でか糞を出してぽっかりと空洞の肛門を過ぎると、ぬめぬめした直腸襞をやや強引にかきわける。
曲がった辺りで手首まで入り、腸の内側から大きめの前立腺を容赦なく揉み上げる。
そこは責め抜かれて熱を持ち、悲鳴を上げているようだった。
おかまいなしに、今度は手首を返して、ぐりっ、ぐりぐりっ、と拳でいたぶる。
また返してはぐいぐいと揉み上げる。そんな繰り返しで直腸内をこねくり回した。
 
がくっ、がくっ、と身震いを始める鉄。
その調子だ。気持ち良過ぎて頭真っ白なんだろ?
このまま天国の最上階までつれてってやるよ。
俺の手でな。
 
乗ってきた俺は、親父の前立腺ごとその奥の膀胱にぎゅうっと圧力をかける。
すぐさま鉄が小便を漏らす。
もちろん、鉄の意志ではない。
尿意もないのに、外側から膀胱を直接押されたせいで我慢する余地もなく、反射的に出させられてしまったのだ。
添えた左手に、じゅわぁーっ、とスラックスが濡れる。生温かい尿が一面に広がっていく。
一方、後ろ側に山盛りの糞便も、フィストを続ける右手首に生温かい感触を伝えていた。
湯気を上げる親父の大便臭にむうっと小便臭が混ざる。
少量でも、濃い尿を漏らしたというのが鼻で分かる。
きっと白ブリーフの前の部分も真っ黄色になったことだろう。
 
鉄がぎゅっと両目を硬く閉じ、唇を真一文字にかみしめる。
ばくばくと前立腺が熱い。
 
周囲は一瞬、電車の揺れかと耳を疑ったに違いない。
がくがくがくがくっ、がくがくがくがくっ、と突然鉄の両足が痙攣で鳴る。
表情は変えない。声も出さず、息も荒げまいと必死に耐えている鉄。
しかし、思わず壁の手すりをつかんだ。
ぎりぎりぎり、と金属棒が曲がるのでは?と驚愕するくらい強い握力。
剛腕にすげえでっかい力こぶ。薬指の結婚指輪がぶっつりちぎれそう。
 
もの凄いイき方だな、鉄さんよ。
脈動を続けるちんぽから、びゅうっ、びゅうっ、びゅうっ、びゅうっ、と射精された大量の精液がブリーフの裏地を激しく打つ。
その振動を左手で感じながら、間もなくスラックスが新たな粘液でぐっしょぐしょになる。
俺は収縮運動を始めた直腸内で、ぐわあっ、と前立腺を力強く握り込む。
がたがたがたがたがたっ、と鉄の巨体が無言で反応する。
まさか、イきながらさらなる絶頂を迎えてるのか?
もうそれは、鉄自身のみが知ることだった。