俺の飯は部長のウンコ

「おい、犬塚。糞したくなってきたぞ・・・。」
弁当を平らげてからもしばらくの間、俺と雷電部長は指とケツの穴をこすり合わせていた。
俺の耳に部長が口を付けて、低くかすれた声で言った。
「食わせてください、雷電部長の臭いウンコ。お願いします。」
俺が耳元に返事すると、部長がにかっとした。
「この変態め。そんなにワシのが食いたいのか?」
「はい、どうしても食いたいです。雷電部長のケツから出たのを、どうしても食いたいです。」
部長の手がテーブルの下でベルトをかちゃかちゃと外しはじめた。応じてくれるんだ。
腰を少し前にかがめて、ズボンの中に右手を入れた。
俺の指に一瞬だけケツの全体重を乗せてから、パンツの中に部長の手の甲が滑り込んできた。
すげえ、ここでウンコをかき出す気だ。
と思っていたら、もっとすごかった。
 
「んぐっ・・・!」
ぶふううううう。
低く気の抜けた屁の後、腐った卵そっくりの匂いが上がってきた。
腸の中にウンコが溜まっている、親父らしい強烈に臭い屁だ。
そして、雷電部長は俺の目の前で、自分の手の中で、ぐううっと力んだ。
むりゅむりゅむりゅっぶりゅっ。
小さな音だったが、真横で部長が排泄したのがはっきりと分かった。
たちまち、ぷわあーんと腐った実の匂いが俺たちの座席に立ち込めた。
「お母さん。なんかすごく臭い。うわあ、くさーい。」
後ろで小学生の小声が聞こえる。
雷電部長はお構いなしだ。さすが雷電部長。
「ほら、犬塚。食べなさい。」
右手を差し出しながら、また俺の指にどっかとケツを乗せた。全然拭いてないケツを。
部長の毛だらけの手には、黄土色の茄子がでろんと乗せられていて、臭い湯気を立てていた。
「思ったよりでかいのが出たな。大サービスだぞ。」
左手で俺の頭を押して、口を腐った実に近づけさせる。雷電部長のこういうとこが大好きだ。
通路をはさんだ隣の席には誰もいない。二人だけの、餌付けの時間だ。
俺は口を開けて、押されるままに親父の大便をほおばった。
 
おえっ、くっせえ。
ぬめえっと温かい、こうじのように柔らかいウンカスが口いっぱいに広がって、俺は思わずえずいた。
でも、食う。雷電部長のでかケツから出たばかりの軟便だ。部長の前で平らげたい。
茄子をくわえて食いちぎると、くわーんと腐った卵の臭みが鼻に突き抜ける。
直後、激烈な苦みに喉が絞り上げられる。
「おえっ!ぐぶっ!げえっ!」
吐き出すものか。もう一口、茄子にかぶりつく。
何か知らないが、親父の腹の中でこなれた食べカスがどろどろと広がった。泣けるほど苦い。
「うまいか?」
苦くえぐい軟便をぐちゃぐちゃと噛みながら、必死にうなずく。俺の口の周りはウンコだらけだ。
「犬塚はいい子だなあ。食わせがいがあるなあ。ワシの手、ちゃんときれいにしろよ。」
いつもに増して優しい声で俺の頭を撫でてくれる。
そんなことされたら、もう手にしゃぶりつくしかない。
餌のボウルに頭を突っ込む犬のように、夢中で臭い手をべろべろする。
しっかり茄子を食してから、べとべとのウンカスも残さず口に入れる。
ああ、雷電部長が俺への餌付けを楽しんでる。
自分はホモじゃないって言い張るけど、ほんとだろうか?
「言っておくが、ワシはホモではないからな。お前がワシを好きだから、餌付けしてやっとるんだぞ。いい子だなあ。」
部長が低い声でぼそぼそとつぶやいている。よく聞くせりふだ。
俺も、部長がノンケだったらいいと思う。ノンケなのにウンコを食わせてくれるってほうがいい。
でも、ホモだったら一緒に寝たりできるかも。汗だくのスカトロセックスで愛し合えるかも。ホモだったらいいのに。
よく分かんねえ。いいや、この熊親父のウンコが食えりゃいいんだ。
もっと食わせてくださいよ、と言う代わりに、ぐううっと指を雷電部長のケツの穴に食い込ませた。
スーツズボンのその部分が、じとーっ、と湿り気を帯びてきたのは、汗だけのせいではないみたいだ。
部長の目が穏やかに笑っていた。