体育教師の臭いビキニ

修学旅行で、俺はMという体育の先生と風呂に入る機会を得た。
M先生は当時43歳。新体操が専攻で痩せ形ではあったが、結構親父臭く、また校内でも怖い先生として知られていた。
俺の同級生も張り手を食らっていた。
 
そんな怖いM先生が脱衣場で、さっさと俺の隣のかごに服を脱ぎ捨てていく。
先生と一緒に入浴し会話もしたのだが、その記憶はほとんどない。
すでに親父のパンツに目がなかった俺は、風呂から上がるタイミングばかり狙っていたのだと思う。
そして、隙を見て一人脱衣場へ。M先生は残りの生徒がいるのでまだ上がってはこないだろう。
誰もいない脱衣場で隣のかごを漁る。パンツはすぐに出てきた。
ハンカチかと思うほど小さな布切れがかごの隅に丸めてあったので引っ張り出す。
ウエストのゴムがあるからパンツだとは分かったが、ブリーフとトランクスしか知らなかった俺はびっくりした。
正直、女のパンティみたいだと思った。男もビキニを履く、ということを初めて知った。
ともかく嗅いでみよう。ナイロン製のビキニを伸ばし、前から後ろに向かって鼻を当てる。
前は小便の匂い。大量に付いてるわけではないが、つんとオシッコ臭くてテンションが上がる。
オシッコだけでなく、使い込まれた中年のチンポの匂いも付いていて、16歳の俺には作れない、ほんのり甘いような大人の小便臭だ。
そして、後ろ。ここは予想以上に臭かった。ぷーんと洗う前のケツの穴の臭い匂いが強く残っていたのだ。
これには興奮した。まさかこんなにケツが臭いとは思わなかったから。
成熟したチンポが作る小便臭とは対照的な、ケツの穴そのものの匂いだ。
43歳といえば高校生にとっては立派な大人。しかも、とうてい逆らえないような怖い親父先生である。
今考えれば、その頃その年でナイロンビキニを履くなんて、むしろかっこよかったのだろう。
喫煙家で見た目には親父だったが、内側はまだまだ若かったのだ。
その先生のパンツの内側はただ汚いだけだった。
特に尻の部分は普通に糞の匂いがした。くーんと枯れ草のような鋭い臭みだった。
43歳なのに、こんなにケツの穴が臭いなんて。
パンツがケツに食い込みすぎなんじゃないか?そのうえ、大人のくせにケツがちゃんと拭けてない。
確か、思春期の娘さんがいたんじゃなかったっけ。お父さんのパンツの後ろがこんなに臭いって知ったら娘さんはどう思うのかな。
もしかして、新体操していた若い頃もこんなにケツが臭かったのだろうか。
競技用ズボンの下には動きやすいサポーターを身に着け、
股を大きく開いたときなどは糞の匂いがする穴がくぱあっと開き切っていたかもしれない。そこに指を突っ込んでみたいなあ。
怖くて有名な40代体育教師の尻が臭いという秘密を知ってしまったのはたぶん俺だけだろう。
あのナイロンに残ったぷんと匂う部分を口にほおばってみたかった。きっと、しっかりとした苦みを味わえたに違いない。
小便臭い前と、意外と汚いケツ穴の匂いを楽しんで、そっとかごに戻した。
直後、M先生と残りの生徒が上がってきた。俺は張り手を食らわずに済んだ。
修学旅行1日目にして最大の思い出となった。同時に、M先生から教わった唯一の個人授業ともなった。
怖いM先生の内面は実に気の優しい男であることをのちに知ったが、
あの脱衣場での体験以来、彼のことは「尻の臭い親父」として永く記憶し続けている。
 
M先生、今もお元気でしょうか。