初めて嗅いだ義父のスラパン

義父の家に2泊した。
土曜の朝は、いつものように洗濯かごからMサイズのトランクスをつかみ出しトイレへ直行。
朝ドラに熱中する老夫婦の時間でゆっくりと、夫のくせえケツの匂いを楽しむ。
「お父さんくせえ!」と小声で連呼しながらぶちまけた。臭い穴の味も舌で楽しむ。ほんのり苦かった。
 
その土日は、義父が趣味の草野球で汗を流す日だった。
妻と外出先から戻ると義父が駅で待っていてくれた。
家に入り、洗濯かごを漁ると、今日義父が脱いだ野球のユニフォームが。
そして、そのなかに、パンツっぽいものがある。おそらく義父のものだ。
皆がリビングで談笑しているので、我慢できずにトイレに直行。
つかみ出したパンツは、やはり草野球の練習で使用したものだった。
クラシックなブリーフタイプ。これがスラパンか。俺は初めて見た。
71歳の義父のスラパンだぞ。嗅ぐしかあるまい。小さめのウエストに頭を突っ込む。
冷感湿布を使用していたのだろう、腰を中心にすーすーするが、
やはり前はションベン臭かった。チンポが直に当たっていたのがはっきり分かる。男くせえ玉の匂いもする。
スラパンに履き替えてショートをこなすなんて、まじめな義父らしい。
そのスラパンが、その日のうちに俺のズリネタにされてるのだが。
いよいよ後ろを嗅ぐ。かなり湿布臭いし、なんとちょうどケツ穴が当たるところが2cmほど破れている。
しかし!その破れ目周辺がくせえ。ちゃんとケツの匂いがする。
義父め、ケツを臭くしたままで野球していたのか。くせえよお。
前と後ろを交互に嗅ぎながら、71歳のスラパンを楽しむ。
初めて嗅いだ、義父のスラパンは、臭かった。
 
その興奮が尾を引いてしまい、夕食後にももう一度洗濯かごからスラパンをつかみ出してトイレに直行してしまった。
1日に3度も、義父のケツの匂いでセンズリできるなんて、ほんとに義父に直接「ありがとう」を言いたいくらいだ。
スラパンはまだ臭かった。ケツ穴の破れ目は湿布と臭い穴がこすれた匂い。
ってことは、ズボンを脱いでスラパンだけになった義父の尻は、破れ目からケツ穴が丸見えだったはずだ。
特に、かがんだときは、野球ズボンの中でケツの穴が丸見え全開だったんだろう。
椅子に座っていた義父は、スラパンの破れ目とズボンにケツ穴をこすりつけて、ズボンまでくせえ匂いにしたかもしれないな。
今思えば、野球ズボンの後ろの匂いもチェックしておけばよかったが、
とにかく臭いスラパンでゆっくりと2度抜かせてもらったのがよかった。
 
義父にあのスラパンを履かせ、守備体制を取らせて、
後ろから俺のがちがちのバットをねじ込んでやりてえな。
もちろん、穴のところにちょうど開いた破れ目から、ずっぽり根本まで突っ込むのだ。
「お父さん、ケツくせえぞ!」と罵りながら尻をぴしゃぴしゃやりながらレイプしたい。
71歳のまじめなスポーツマンの義父の体を食いたい。いっぱいヨガらせたいぜ。
 
ほんとうは、日曜が2試合連続だったので、そのスラパンとトランクスをゲットしたかったなあ。