港のホテルに下痢臭親父

家族でステーキを食べに、某ホテルの最上階に行った。
おいしく食べて、さあ帰ろうか、という前に一応トイレに。
個室が一つ埋まっている。ほかは誰もいない。
そして、辺り一帯が臭い。
こういうとき、俺はどうしてもその隣の個室に入ってしまう。
ホテルというのは駅と違い、仕切の壁は意外と薄い。
換気扇が効いていなかったり、人混みから離れた場所にあったりする場合が多いため、
他人の排便時の音も匂いも楽しめる貴重な穴場なのだ。
(ホテル関係の方、改善しないでくださいよ!)
で、個室に入ると、隣がマジで臭い。
もちろんウンコの匂いだが、とにかく強烈だ。
ギンナンをすりつぶして犬の糞と混ぜ合わせたような、ぷわおーん、という感じのすげえ濃い臭み。
それにいわゆるウンコの匂いがプラスされてるから、全体的に強烈に臭いというわけだ。
あまりに臭いので、俺はしばらく嗅がせてもらうことにした。
すると、隣から咳払い。のどをがらがらさせて、「ああ」と男が声を出した。
「ああ・・・」とまた。困ったような声は、60〜70代の親父のものだろう。
ペーパーをぐるぐる巻き取って、尻を拭いている。ウォシュレットは使わないようだ。
流して、しばらく沈黙してからまた何かつぶやきながらペーパーを取っている。
直感で、漏らしたか、と判断。であれば、こんなに強烈に臭いのも納得できる。
大便を漏らした、つまり便器の水の外に糞があるときは、個室が異常に臭くなるからな。
今、60過ぎの親父が、しゃれたホテルの最上階で糞を漏らして困っているのだ。
犬の糞みたいなぷわおーんとした臭みはどんどんこちらに流れてきて、黄色の煙のように俺の鼻をむせさせる。
親父が漏らした、くっせえ糞の匂いだ。
一生懸命拭いている。ホテルの食事の後で急に下痢が下りてしまったんだろうか。
ぱつん!とズボンを上げてからは、何度も便座を拭いている。
拭いているのに「いかんなあ・・・」とつぶやいて、なかなか出られない様子。
もう決定だ。隣の親父は糞を漏らしたんだ。
早く出ろ。その後俺が入るから。
辛抱強く待っていると、やっと親父が個室から出た。
気になるのか、何かつぶやきながら行ったり来たり。
手を洗いはじめた。かなり念入りに手を洗う。紙で何度も拭いている。
そして、やっと立ち去った。
 
その頃から、俺は静かに鍵を開けていた。
小柄そうな親父の足音がとんとんと遠ざかると同時にドアを開け、素早く隣の個室に移り、鍵をかけた。
だいぶ匂いは外に逃げたが、まだまだ臭い。
どれどれ。
床は汚れていない。パンツも見あたらない。欲しかったのだが。
しかし、便座はべたべたしている。
ちゃんと拭き取れてはいるが、明らかに糞まみれの尻が乗せてあった形跡だ。
早速、便座に鼻をこすりつける。60過ぎの親父の、下痢っぽい糞の匂いが確かにする。
くせ、たまらん。親父の糞はどうしてこうも臭いんだ。
臭い糞を漏らして、俺を興奮させやがって。
ひざまずいて便座に頭を突っ込んで、糞の匂いを嗅ぎながらチンポをしごく。
尻の割れ目が当たるところが一番臭い。年輩の男の、下痢と腸液の匂い。
くせえ。いかんなあ、じいさん。下痢くせえぞ。
パンツはどうしたのだろうか。ゴミ箱に入れたような気配はなかったが。
まだ履いてるとしたら、ちゃんと拭き取れていたとしても、尻もパンツも下痢くさいのでは?
そのまま家に帰るのだろうか。家族と来ているのだろうか。
臭い尻のまま、駅までの送迎バスにも電車にも乗るかもしれない。
そのとき座る椅子に、尻の匂いが移るのでは?いい大人が、椅子を下痢臭くしてしまうんじゃないか?
ウォシュレットしてない、じいさんの臭いケツ穴、俺の舌できれいにしてやりてえよ!
 
途中で親子連れが来た。
俺がいた個室に入るところで、「ねえ、なんかすごい、くっさあくない?」と子供が言い出した。
そうだよ、さっきおじいちゃんがウンコ漏らしてね。
便座に下痢を付けちゃって。だからすごく、くっさあいんだよ。
俺はその個室に入って、じいさんの臭い糞の跡でセンズリしてるんだ。
 
誰もいなくなってから、便座の下痢臭いところを思い切り嗅ぎ回し、
「くせえ」と小さく叫びながら、果てる瞬間にぺろぺろと舌を這わせた。
やっぱり、苦かった。
じいさんの糞の苦みを舌に感じる。臭いところが、苦い。
冬だからノロウイルスかもしれない。肝炎持ちかもしれない。
すげえ怖いのに、じいさんの漏らした糞の味が知りたくて、汚いところにどうしても舌を這わせてしまう。
こんなときはもう、どんなタイプの男かなど、どうでもよくなる。じいさんの下痢、にげえよ。
俺ってつくづく変態だ。最高に気持ちよく射精した。
親父さんは外食先で糞を漏らして大変な思いをしたと思うが、
俺はステーキよりずっとおいしいものを口にできた日だった。
親父さんに感謝。下痢まみれのパンツがあればなおよかったが。