K部長の脱ぎ立てズボン

今月20日づけで今の会社を辞めます。
ここのK部長は、168×90×54って感じのずんぐりむっくり体型。
若い頃は柔道をしていたらしい。
はっきり言って、仕事できない、頭悪い、タバコ吸いまくりの大迷惑上司なんだけど、
誰から見ても人柄は良い。それだけで仕事取ってくるタイプ。
なのに、出勤直後のジャンバーでさえすごい臭く、
女性社員からは「部長臭い」とひんしゅくを買いまくり。
俺的には、不潔な感じがめちゃくちゃして、正直惹かれてしまう親父でした。
子供は、なんと4人。
54歳で小学1年生がいるのですから、相当こらえ性のない親父です。
そんなわけで、ノンケ部長殿の無秩序なご用を、毎日最大限聞いてしまっています(笑)。
 
ときどき、部長が座ってる椅子の匂いを嗅いだりしていた俺。
そこまであからさまに臭くはないけど、座面は少しつんと匂うし、
なんたって不潔な親父のことです。
きっとズボンやパンツは臭いはずだ。
なんて期待しつつ機会を狙ってました。
 
部長は商談に行くとき、普段着からスーツに着替えていきます。
職場には更衣室はありません。
いつもは、給湯室で着替えるような部長ですので、
他の従業員の目もあり、なかなか脱ぎ立てのズボンをチェックするわけにはいきませんでした。
それでも、人がいないときを逃さず、部長が脱いだズボンをチェックしていましたが。
しかし臭い匂いもせず、悶々としていた転活真っ最中のある日。
 
近頃の部長は、他人に少し気を遣っているのか、
給湯室ではなく、普段誰も来ない防音スタジオの近くで着替えているとの情報をつかみました。
そのスタジオは、実は俺がよく使用している場所だったので、マジで好都合だったのです。
 
そして、最終面接に行く前日。
部長がスタジオの脇で着替えたとの情報をゲット!
仕事の具合を見計らい、午後、スタジオで作業する用事を作りました。
 
隠しているつもりでも、すぐに部長が脱いでたたんだシャツ&ズボンを発見。
ズボンだけを取り出して、スタジオの中え直行。
狭いスタジオで横になり、ギンギンのマラを引っ張り出しながら、
LLサイズでだぶだぶの部長のズボンを頭から被り、
尻の部分が鼻の上に来るようにしっかりと被る。
く、くせえ!
ケツの臭い匂いが確かに強くぷーんと鼻腔に広がる。
やっぱり、不潔なんだ・・・。
パンツは、更にめちゃくちゃ臭いんだろうな、と想像する。
 
ずぼらな部長は、ズボンの中に小銭をそのまんま入れっぱなし。
それをうっかりばらまかないよう、注意しながら嗅ぎまくった親父の尻の匂いは、最高のごちそうでした。
「くせえ」と何度も連呼しながら、大量射精。
54歳で、子供を4人も作った、セックス大好きな親父の、くせえ尻の匂い。
最高すぎて、「K部長、今までありがとうございました!」と小声で叫びながら、
大量の精液をティッシュに吐き出しました。
 
ノンケ部長の尻の匂いを嗅げたおかげで、面接にも無事合格して内定をもらうことができました。
最後は部長に全部話して、親父のくせえケツ思いっきりなめさせてください!って、マジで頼み込みたいくらいです。