義父のトランクス嗅ぎ比べ

前の書き込みから3年。
これまで義父の汚れトランクスには10枚以上お世話になったが、
いつも尻穴の当たるところが臭い、苦い。
たいていは実家に泊めてもらったときに洗濯かごから取り出して便所でズリネタに使ってるが、
俺たちの家に宿泊したときは留守番しながらカバンを漁り、
自室でゆっくり嗅ぎながら抜いた。
また、親戚の結婚式で俺たちも義父も一泊し、
その足で実家に泊めてもらったときは、
外出する前日脱いだ一枚、ホテルで脱いだ一枚、
そしてその夜に脱いだ一枚の計3枚を便所に持ち込み、
尻穴とチンポの匂いを嗅ぎ比べしながら3発抜いた。
特にホテルで脱いだものを荷物から抜き取るのがすげえ緊張したし、一番臭かった、苦かった。
そして、今日から一週間ほど実家に泊まる。
今回は洗濯かごまで最短の部屋を寝床にしてもらえたので、
夜中に義父のトランクスと一緒に寝ることができる。
毎晩布団の上で尻穴の汚れを鼻に押しつけながら、くっせぇくっせぇ言いながら、
チンポをしごいて思いっきりぶっ放したいと思う。
射精しながら尻穴の臭い部分を口でぐちゃぐちゃにかんでしゃぶり、
今年70歳になった厳格な親父の苦い糞の味を堪能したいと思う。