義父のトランクス

年始の挨拶に嫁の実家へ行きました。
義父は165×60×66という感じでやや痩せてますが、48年働き続けた会社人間でとても厳格な親父です。
彼のパンツは以前からねらってました。
トイレを借りるふりをして洗面所へ、洗濯機の上のかごを漁るとMサイズのトランクス発見。
つかみ出してポケットに入れ、トイレへ。
義父の汚れトランクスをズリネタに使うという狂った興奮を覚えながら、
広げて頭にすっぽりかぶると首周りに当たるウエストゴムの感触が心地よい。
尻穴フェチの俺は早速トランクスの後ろ側を鼻に持っていく。
うおっ、臭い。
毎日ジムでサウナに入ってるらしいからきれい好きのイメージがあり、
最初は信じられなかったが、確かにプーンとした尻穴の臭いが鼻腔に広がる。
あんなに厳格な義父なのに。清潔とばかり思っていた義父の尻の臭いに俺の頭はすっかりくらくらしてしまった。
前側のチンポの当たる部分も嗅いでみる。
ううっ、小便臭い。
しかし、チンカスの臭いはしない。たぶんズル剥けなのだろう。そして、左寄せだ。
60代後半の割に男らしい臭いがする。
後ろは相変わらず穴の臭いがたまらない。
俺はトランクスの前後を交互に忙しく嗅ぎ回りながら「くせぇ」と小声で連呼し、
1分ともたずに大量の精液を便器に飛び散らせた。
せっかくのチャンスなので、尻の臭いのする箇所を口いっぱいにほおばってチュパチュパ。義父の尻穴をなめてる気分。
あからさまに苦くはなかったが、ほろ甘いような味がした。
チンポの当たる所もしゃぶる。意外に味は薄かったがやはりしょっぱいね。
たぶんこのパンツは1日履き続けたものと思われるが、
小便の切れのよさが分かる反面、尻ふきの甘さ、というか排便後にウォシュレットを使わない習慣のためにどうしても付着してしまう義父の尻穴汚れの現実をはっきりと確認することができた。
むしろ1日であんなに尻穴の臭いがパンツに着くなんて。
家族の誰もが知りえない厳格な義父の恥ずかしい臭い、
俺たちの結婚に反対したり式で泣いたり、とても男らしい義父の不潔な臭いを、
俺はこれから定期的にズリネタとして使わせてもらうだろうな。
いつかその臭い尻穴おもいっきりなめまくってやりてえな。
お義父さん、最高です!