お父さんとお風呂(後編)

ウンコが手前まで来ている穴を左右の人差し指でぐううっと押し開いたり、下のこりこりを交互にぐりぐりしたり。
かたまりを一度奥に押し戻してからまた指で手前にかき出したり。
そうすると、お父さんのでっかいお尻がぴくぴく震えて、荒い息が聞こえた。
「くうううっ、くふうううっ、ふうううっ、ぐうううううっ、くふうううっ。」
ぶりっ!ぶりっ!ぶりりりっ!
「くさっ。お父さん、おなら臭いよ。うわ、穴から茶色の汁が出てきた。くせえ。」
「うううっ、ウンコ出そうだ。便所に行かせてくれ、くふうううううっ。」
穴をいっぱいに押し開きながらかき回すと、お尻からぐちゅぐちゅぐちゅとエッチな音が出た。
ぶりっ!ぶびいいいっ!ぶびびぶりりりっ!
「くうううううっ、んくうううううっ、ふうううっ、ふうううっ、ふうううっ。」
お父さんからもエッチな声が出る。エッチな声を出しながら、ものすごく臭い屁も出る。
お父さん、歯を食いしばって真剣な顔。
ウンコが出ないように我慢してるだけじゃなくて、エッチな声が出ないように我慢してる。
湯船のへりをつかんでる手がぷるぷる震えてる。
こりこりを何回も激しく押してあげると、ぷるぷるも激しくなって、お父さんの荒い呼吸まで震えてる。
「お父さん、お尻いじられて気持ちいいでしょ?僕、お父さんのお尻大好きだよ。
おっきくて毛がいっぱい生えてて、すごく男らしいよ。
それに、お父さんったら大人のくせにお尻ちゃんと拭けないから、いつもお尻臭いよね。
僕、洗濯前のお父さんのパンツの匂い嗅ぎながらよくオナニーするんだよ。
お父さんのトランクス、いつもお尻のところがすごく臭いんだよ。自分で知ってた?」
指を動かしながら聞く。お父さんはふうふうと息を震わせているけど、変じはしない。
「僕、お父さんの臭いお尻が一番大好き。お父さんのウンコだったら食べられるよ。
お父さんがエッチな気持ちになって、チンポからぬるぬるした糸を出してるのも好きだよ。
お尻いじりながらチンポ触ってあげようか?」
「ふうううっ、ふうううっ、敬太、指抜いてくれ。こんなこと、親子で、するもんじゃない。くふうううっ。」
僕はめちゃくちゃに穴をかき回した。指を交互に出し入れしたり、ウンコをかなり手前まで出したり。
ぶりっ!むりむりっ!
とうとう、お父さんのウンコがケツの穴から顔を出した。風呂場が臭くなってきた。
両手の指は茶色の汁とウンコでべとべとだ。
その指で、お父さんのチンポを触った。
最初はとろっと糸が垂れていただけだったのに、お尻を何分もいじられて、
お父さんのチンポからはねばねばと光るエッチな液がだらだらと切れ目なく湯船に垂れるようになった。
太いチンポの先っちょをつまんでぬるぬるといじくりながら、ウンコが出かけた穴の中に、ずぼおっと指を突っ込んであげた。
「お父さん、大好きだよ。我慢しないで、エッチな声いっぱい出してね。ウンコも出していいよ。僕が見ててあげる。」
ぬるぬるする大振りのチンポの先っちょがお父さん自身のウンコでねとねとになった。
お父さんのエッチな汁とウンコの汁をチンポ全体に塗り広げながら、手でしごいてあげる。
「うううっ、やめろ、やめろ。」
お父さんの手が押さえてきたけど、チンポを離さなかった。しごきながら、穴もぐちゅぐちゅといじくる。
こりこりを見つけてぐいぐい押すと、お父さんの手が離れた。
チンポからぬるぬるがあふれ出す。伸び切った玉袋がきゅうっと上がり出した。
「くふうううううっ、おおおおおっ、んくうううううっ。やめろ、くふうううっ、あああああっ、やめろ、くうううううっ。」
ぶりぶりっ!ぶびびびぶびびいっ!
「お父さん、いい声だね。お尻も臭いよ。ウンコかき出してあげる。」
手の中のチンポが少しずつ太くなってきてる。
お父さん、僕の前で気持ちよくならないように我慢してるんだ。ウンコかき出しながら勃起させてやろう。
あったかいかたまりが腸をいっぱいに広げてる。奥まで指を入れて、ぐいぐいと外にかき出した。
「うううっ、出るう、出るう、やめろ、出るう。」
ぶびいっ!むりむりむりっ!
指が抜けた。ウンコが穴からはみ出して、穴が大きく開いてる。
こんな恥ずかしいお父さん、今まで見たことない・・・。
両手をお父さんの前に回してチンポを握った。ウンコを塗りながら両手でしごく。
そして、お父さんのお尻に顔を付けて、臭いウンコの頭にキスをしてから、かぽっと口にくわえた。
くわえたままで、お父さんの毛だらけのお尻の穴にぺろぺろと舌をはわせた。
「ああっ、苦いよお父さん。お父さんのお尻の穴、ずっとなめたかったんだよ。僕の口にウンコしていいよ、お父さん。」
べろべろなめはじめると、苦いウンコの味にくらくらした。
お父さんのお尻の穴、すごく臭くて苦い。ウンコの頭から臭い湯気が上がってる。
穴の毛はざらざらしてる。これが、45歳の大人のケツの穴なんだ・・・。
チンポもしごく。両手でも少し余るくらいのでっかいチンポ。これを勃起させてみたい。
べろべろべろ。くちゅくちゅくちゅ。ふうっ、ふうっ、ふうっ。
風呂場の中に、チンポをしごく水っぽいエッチな音と、お尻の穴をなめる汚い音と、
大人の男の低いうなり声と深く荒い息づかいが何十分も響いた。
もちろん、僕のお父さんが僕の手と舌で感じて出す、エッチな声なんだよ。
 
「うううっ、ああっ、出るう!口離せ、ウンコ出るう!」
ぶりぶりぶりっむりむりむりむりっむちむちむちむちっ。ぼとん、ぼとぼとぼとん。
「うううっ、出る、出る!手離せ、出るう!!ううっ!!ふんううっ!!ふんうっ!!ふんうっ!!」
ぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅ。
「ふんうっ!ふんうっ!やめろ、ウンコ出るう、ふんうっ!出るう!!」
むちむちっ、めりめりめりむちむちっむりむりむりりりぶりりりっ!ぼとぼとぼとぼとっ。
「お父さんすごい!お父さんのウンコ臭い!お父さんのチンポでっかい!精子すごい!ぬるぬるだ!
お父さんの精子、苦い!こんなに苦いので僕を作ったんだね!すごいよ、お父さん!
お父さんのウンコくっせえ!すげえ、お父さんのウンコ風呂だ!お父さんのお尻、苦いよお!
おえっ、お父さんのウンコ、くせっ!おえっ!げほっ、お父さんのウンコ、苦い!臭い!おいしいよお!」
 
朝食のとき、すっかり疲れ切った様子のお父さんは、一度も僕のほうを見なかった。
また責めてやるぞ!尻臭親父!!