お父さんをTバックにして

あれから2週間くらいして、お父さんがまた酔いつぶれた。
もちろん、家には誰もいないから、僕はすぐにお父さんの部屋に行った。
部屋はまだ少し臭い。
 
お父さんは、でかいお尻をこちらに向けて大いびきで寝てる。
今日で三日めのトランクスを履いてるお父さん。風呂も入ってない。
トランクスの上からケツの穴の匂いを嗅ぐ。
ああ、お父さんのお尻、臭い。
 
この前みたいに、割れ目を指で開いて、穴に人差し指をぐいぐい食い込ませてみる。
ほんとに指が入っちゃうくらいしつこく。
少しずつトランクスが穴のくぼみに食い込んでく。
ぐっと指に力を入れると、ずぶうっ、と第一関節まで突っ込めた。
トランクスはもうぬめぬめだ。抜いた指もすごくウンコ臭い。
この前はこれでお父さんに怒られたけど、今日はもっと入れたい。
 
もう一度穴に指をあてがって、ずぶずぶとまっすぐ突っ込んでいく。
トランクスの後ろを引っ張って割れ目あたりに布を集めて、また指を入れてみる。
ずぼおおっ、と指が第二関節まで入った。
中には下痢がいっぱいで、食い込んだトランクスが下痢で湿ってきた。
指の匂いは、下痢そのもの。くっせえ。
お父さん、飲み過ぎで食べ過ぎだからなあ。
 
また指をもどしてから、トランクスの両サイドを上に引っ張る。
お父さんの毛むくじゃらのでっかいお尻の両側が丸見えになって、真ん中にだけトランクスが集まった。
そのトランクスを、股の下から腰の上まで、ケツの割れ目に寄せて食い込ませる。
でっかいお尻の山が二つ、きれいに丸見えになった。
ちょうど、女の人が履くTバックみたいにされたお父さん。
でも、95キロもある太ったお父さんがTバックを履くなんてあり得ない。
毛むくじゃらのお尻が全部はみ出して、恥ずかしいだけだ。
でも、僕はお父さんのお尻をTバックにして、すごく興奮してきた。
尻臭親父め!このまま指の付け根までずっぽり突っ込んでやる!
 
ぐいぐいぐい。トランクスごと指をねじ込む。
ずぼおおっ。指が全部入っちゃった。
すごい。トランクスも一緒に、指が入っちゃうなんて。
お父さんのケツの中で指を動かすと、トランクスごしに下痢のかたまりがたくさんあるのが分かる。
腸のひだも触る。ひだの間にも下痢や小さなウンコがある。
奥の曲がったところにも指を入れると、そこは下痢がたくさん詰まっていて、
どろどろに熱い下痢の中を分け入るように曲がり道を進んだ。
奥の奥まで指が入った。下痢で穴の中がとってもあったかい。
よし、いっぱいかき回してやるぞ、尻臭親父!
 
お父さんが全然起きないのをいいことに、腸の奥の下痢を指でぐいぐいかき回す。
腸の曲がったところをぐいぐいと。
とにかく奥まで突っ込んで、奥を探検しながらかき回す。
トランクスはTバック状態で、真ん中の布のほとんどがお父さんのケツの穴に入ってしまった。
中でトランクスが下痢漬けになっている。
あったかい下痢のぬめぬめが指にまで伝わってくる。
何十分も指で穴をかき回していると、トランクスが下痢で泡立ってきた。
Tバックの真ん中から、ぐちゅぐちゅとかき回す音が聞こえてくるようになった。
やっと指を抜いたら、指に下痢がどっさり付いていた。
今日は茶色の下痢だ。
「うっ、くせっ!!」
ぺろっ。
「うっ、にげっ!!」
僕はそれだけ叫んで、お父さんの部屋を出ていった。
もちろん、お父さんのでっかいお尻をTバックにしたままで。
 
結局、お父さんは起きてこなかった。
次の日、朝食後に嗅いだお父さんの椅子は猛烈に下痢臭かった。
お父さんはその夜遅くまで働いて、寝る前に風呂に入ったみたい。
あのTバックトランクスをケツの穴に食い込ませたまま、一日中履いていてくれた。
 
夜中、僕があまりの臭さに目を覚ますと、LLサイズのトランクスが顔にかぶせられてあった。
ケツの中であったかい下痢に丸一日、ごってりと漬け込まれた、
臭い後ろのちょうど内側が鼻の穴と口の中に入るようにして。
今度はもっといじめてやるからな!尻臭親父!!