鷲田いびり#5

ぐちゃぐちゃぐちゃぐじゅぐじゅぐじゅ、ぐちゃぐちゃぐちゃぐじゅぐじゅぐじゅ。
「くううう!ううう!うううあああ!うううあああ!んっくううううう!くうううああああ!」
まずは太く屹立した幹の根本を左手でがっちりと固定すると、右手で特大の亀頭を包み込み、幹に向かって何度もこき下ろす。
後で効果が最大限に現れるよう、ここでしっかり"男泣きクリーム"をマラに塗り込んでいく。
裏筋を手のひらでぐりぐりと押しつぶしながら、張り出したエラを指でぶりんぶりんとはじくようにこすり上げる。
鷲田さんは両手に拳を作り、耐え忍んでも忍び切れない快感に、男臭いしわがれたあえぎ声を食いしばった歯の奥から絞り出す。
亀頭中心のマラ磨きによって小便臭い大蛇がぐんぐんと手を跳ね返す。
その抵抗を押し返すようにごしごしと荒々しくこすると、尿道口がばっくりと開いた。
クリームを追加すると、指の腹を使って敏感な尿道口の縦割れに高速ですりすりすりと磨き粉を塗り込んでいく。
「くああああ!くはああああ!んくううううう!うはあああああ!」
あっという間に老人が濡れ出す。大きく割れた尿道口からどぷどぷと我慢汁があふれはじめ、亀頭がべっとりと湿る。
こうなればひたすら濡れっ放しにして射精まで持っていける。勃起してしまうと案外早く濡れちゃったな、鷲田さん。
まあ、このクリームが白く泡立つほど荒々しくこすられているのだ。むしろよくこらえているほうだよ。
我慢汁を幹に塗り広げて磨けば、ぐっちゅぐっちゅぐっちゅ、と男のマラがいやらしい水音を激しく立てるようになる。
「んっくううう!うううあああああ!かはっ!かはっ!くうううあああああ!」
気持ちいいだろ?マラがびっくんびっくんしてますよ。
ぎんぎんにおっ勃てちゃって。亀頭も幹も片手で指が回り切らないよ。大したご老人だ。
台の上で両足を踏ん張り、大きな波を幾度もやり過ごしている。いくまいとしているのだ。
では、これはどう泣いてくれるかな?
 
次は、片手で亀頭を包み込むと、ぐっちゅう、と竿全体に握力を加えながら玉袋の上までぎっちりと磨く。
その後、間髪を要れずにもう片方の手でもぎっちりと磨く。
両手を交互に亀頭に当て、常に竿全体を刺激するように、左右の手で連続的にこき下ろし続けた。
ぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃ。ぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃ。
「うぐううううう!んぐううううう!ぐうううあああああ!ぐうううあああああ!ぐうううあああああ!」
ほえる鷲田善一さん。
デカさんの自慢のでかマラが、40以上も年の離れた若い男に高速ピストンされて、もはや暴発寸前だ。
眼光鋭い目つきがいよいよマジだ。男の手こきなんかでいくものかと言いたげに、目がかっかと燃え上がっている。
ぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃ。ほらほら、耐えられるかな?ぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃ。
でっかい玉袋がソフトボールみたいに丸々と膨らんで、ぐんぐん上がってきちゃってるぜ。まだ踏ん張るか。
ぐっちゅぐっちゅぐっちゅぐっちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅ。おお、太腿がけいれんしてきたぜ。もう限界か?
「うぐうあああああ!あああああ!いぐ!いぐ!うううあああああ!いぐううう!!いぐううううう!!」
鷲田老人の小柄な体が筋肉を硬直させ、ぐわあ、と赤黒く淫水焼けした亀頭が尿道口を全開にした。
72歳の男がマラ磨きでいく瞬間だ。
小桃のような特大サイズの亀頭にキャップをかぶせながら、びくつく竿をごしごしとこき上げてやると。
 
びしゃっ!びしゃあっ!じゃあああっ!びゅうううっ!びゅうううっ!びしゃびしゃびしゃっ!びゅっびゅっびゅっ!びしゃああっ!
ポリ製の透明キャップに精液をぶつけ、びしゃびしゃと射精する老人。
これだけの音を立てる勢いもすごいが、量と濃さが尋常でない。
大声であえぎながら壮絶な絶頂の快感に打ち震える鷲田さんの竿をぐじゅぐじゅとこき上げると、
白くてこってりとした男のミルクが8ccも搾り取れた。
「あれ?セックスは技術だっておっしゃっていたのに、もういっちゃったんですか?現役の割に結構早かったですねえ。」
もちろん、これは挑発で、実際は真逆。
マラの快感コントロールにたけた鷲田さんだからこそ、"男泣きクリーム"を使った連続マラ磨きに5分以上も耐えられたのだ。
私の知る限り、"男泣きクリーム"で磨かれて5分持った男はいない。
すごいとしか言いようがなかった。それでも、辱めの言葉をかけたくなる。
「うるせえ!ぐううううう、なんだそのクリームは?」
「インポを治すクリームですよ。それより、すごい大噴水でしたねえ。
ほら、今でも充分一発妊娠させてしまうくらいの、こってりした精液だ。」
本心から賞賛する。72歳の精液とは思えない、明らかに精子がたっぷり泳いでいる濁ったミルクなのだ。それに。
「まだ出し足りないんでしょう。こんなにかちんかちんにして。」
鷲田さんが、うそだろ、という目で自分の股間を凝視する。これも"男泣きクリーム"による効果だ。
「まるで若者みたいだよ、お父さん。玉も股にくっつきそうなほどきゅーっと上がって、ケツの穴が丸見えだ。」
走った後のようにぜいぜいと呼吸を絡ませながら、「そういうこと言うなよ・・・。」と鷲田さんが顔を赤らめる。
「さて、第2ラウンドいきますか。こんなにでかいのが青筋立てたままじゃ、パンツに入れて帰れないですからね。」
「少し、休ませろ・・・。」
「駄目です。」
磨かれてさらに黒光を帯びたでかマラに、ふわりと新たなクリームをかぶせる。それだけで、「んんっ、くうっ。」とうめく鷲田さん。
そして、私の両手は無慈悲に、いや慈悲深く、怒張したままの黒竿をごしごしごしごしと交互に磨き立てていった。
「くあ!くああ!うううぐううう!ぐううあああ!うああああ!あああああ!!あああああ!!ぐああああああ!!」
射精後であり、クリームを塗り込まれて通常の数倍も敏感になった亀頭をこねくり回されて、72歳の老人がついに絶叫した。