権藤への懇願

ラガーマンたちの練習は正午に終わった。
「椅子はそのままでいいですよ、ワシが片づけますから。」
ラガーシャツにラグパンの男たちが「お疲れ様。」と口々に交わしながら解散していった。
古賀はワシの顔をあまり見ないように努めていたが、
「じゃ、またの。古賀君。」
ばん!と尻をたたいてやった。
指を割れ目に食い込ませると、古賀はあわててワシから離れた。
権藤はぶらぶらと歩き去っていった。
 
どのパイプ椅子に誰が座っていたか、ワシには分かっている。
倉庫に運び込むと、まず古賀のを広げて座面に鼻をこすりつけた。
「おお、くせえ。」
尻を軽く拭くだけとあって、古賀が座った後の椅子はウンコ臭い。
40代にもなって椅子をこんなに臭くしおって。恥ずかしいのう。男臭いのう。
だが、もっと上がいる。ワシは権藤のパイプ椅子を広げた。
練習もせず、午前中ずーっと座り続けていたため、座面は尻汗でじっとりと濡れていた。
股側の中央に鼻をぴったり押し当てて、空気を吸った。
「ううっ、くっせえ。監督、くせえなあ。」
座面は見事に下痢臭かった。
50代にもなって、椅子をこんなに下痢臭くしやがって。
ガキみてえじゃねえか。いや、ガキだってここまで臭くはならんだろうよ。
ほとんど尻を拭かない権藤にしか作れない臭い椅子を、くんかくんかと嗅ぎ回した。
古賀の椅子と嗅ぎ比べてみても、もちろん古賀も臭いのだが、権藤は比べものにならないほど下痢臭かった。
二人の親父ラガーマンの臭い尻の匂いを楽しむ。
ワシの至福の時間。管理人は得じゃなあ。
尻の臭い九州男児はたまらんのう。
 
「何か落ちてるのか?」
野太い声にぎょっとしてドアに目をやると、権藤の巨体が立ちはだかっていた。
ちょうど権藤の椅子を夢中で嗅ぎ回していたところだった。
「忘れ物かな?」
ワシも質問で返す。いつから見ていたのだろうか・・・。
「ああ。タオルをなくしちまってな。芝生に落ちてなかったから椅子にかけたかと思って、見にきた。」
「いつも汗を拭いとるタオルか?椅子にはかかってなかったぞ。そのカバンの中は確かめたのかね?」
立ち上がりながら尋ねる。権藤は椅子とワシを見ている。
「カバン?」
がさごそと漁る。そして。
「おっ、あった。」
あっさり見つかった。引っ張り出してみせる。
「首にかけてねえと忘れちまうぜ。今日は暑くねえから、椅子に敷いて座ってたんだ。それでカバンに入れちまったんだな。」
タオルごしだったのか。こんなに臭い椅子なのに。
権藤の尻の下で半日敷かれていたタオル、いったいどれだけの臭さであろうか。
「嗅ぐか?・・・じいさん。」
ゆっくりと、巨体が近づいてきた。ワシは動けなかった。
 
尻汗でぐっしょりとなったタオルが顔に巻き付けられ、ワシの口と鼻を完全に覆った。
「ううっ、くせえ・・・下痢くせえ・・・すげえ、くっせえよお・・・!」
「俺の椅子、くんくん嗅ぎ回して。うれしいか?変態じいさん。」
荒い鼻息を止められない。期待を上回る尻の匂い。このタオル、臭すぎる。鼻がもげそうだ。
「どんぶりに俺の名前、でかでかと書きやがって。俺の下痢糞、そんなに食いてえか?変態じじい。」
「は、はい・・・権藤さんの尻の穴なめたい、穴から下痢糞食べたい、便器にしてくれ、頼む・・・。」
下痢臭いタオルをふがふがと嗅ぎながら、うわごとのように欲望をひたすらつぶやいた。
「男臭い監督の尻の匂い嗅ぎたい、汚い穴なめさせてくれ、屁も嗅がせてくれ、
鉄の牛の下痢糞も芋糞も腹いっぱい食わせてくれ、頼む・・・。」
臭いタオルに悶えながら懇願する。
手を伸ばして紺のラグパンに触れ、ばんばんに張り出した尻に指を這わせる。
深い割れ目を探ると、奥に指を食い込ませていった。
鉄の牛の、穴の周辺の体温が指に伝わる。
「ここから出る臭い下痢糞、鉄の牛の下痢糞、食わせてくれ、頼む・・・。」
ぐいぐいと穴をいじられても巨体はびくともしない。
ワシの手を振り払うこともせず、権藤監督はにやにやと獲物を見下ろすような目を向けていた。
ぶりぶりぶりぶりぶりりりりりっ!
鉄の牛の尻穴が豪快な屁を漏らし、ラグパンとワシの指を盛大に振るわせた。