俺だけのロックスター#1

「お疲れさん!あしたもよろしく!」
黒沢永一を乗せたタクシーが見えなくなってから、俺は楽屋に飛び込み、てきぱきと片づけを始めた。
あれだけパワフルなステージを演出した黒沢でも、体臭はやっぱり親父臭い。
ゴミ箱には弁当の空き箱とコーヒーの空き缶が無造作に投げ入れられていた。もちろん、もらう。
そして、部屋に備え付けのトイレを開ける。
むわあ、と整髪料と大便の残り香が鼻をくすぐる。
やった!俺は便座に向かってかがみ込むと、便器の内側に取り付けておいた器具を回収した。
 
自室で独り、PCを立ち上げ、カメラから抜き取ったメモリを差す。
今日の日付の動画ファイルをクリックすると、あの個室で俺が立ち上がる様子が映し出された。
朝の10時の場面だ。
イヤホンをしてから、早送りで確認する。
少しして、ドアが開いた。私服の黒沢が、さっさと便座を上げて、ジーンズのジッパーに手をかけた。
俺の胸が高鳴る中、永一の真っ黒なチンポがぼろんと飛び出てきた。
じょぼじょぼじょぼじょぼ。でかいずる剥けチンポの先から太く黄色の小便が滝を作った。
まだ髪もセットしていない。眼光鋭い目は軽く閉じられ、頬もゆるんでいる。
ふつうの親父の立ち小便といったところだ。かっこいい親父だけどな。
今日この会場でデビュー40周年記念コンサートを行ったロック歌手、黒沢永一。
俺が生まれる前からファンに愛され、圧倒的な歌唱力とパフォーマンスで、
特に男性からカリスマのように崇拝されてきた黒沢。
年齢を重ねるごとにファン層も広がり、音楽界の頂点にまでのし上がった男。
還暦を迎えた今年、この会場での三夜連続公演を決行したのだ。
この太いチンポ、いったい何人の女に突っ込んだのだろう。人生で何回射精したのだろう。
 
男らしく小便の滴もほとんど切らずにチンポを仕舞い込んだところまで確認してから、早送りに切り替えた。
しばらくして、またドアが開いた。
黒ずくめでリーゼントもばっちり決めた、精かんな黒沢が現れた!
スーツのジッパーをじりじりと下げる。ステージに立つ前の小便だ。
ファンにも見せないずる剥けの黒チンポを、惜しげもなくカメラの前で披露する。
かっこいい黒沢永一の豪快な立ち小便。
じょぼじょぼと小便が落ちる音に、ふうっ、と親父の溜息が混じる。
なんて貴重な映像だ。
衣装姿で放尿する永一だぞ。見たいファンもいるんじゃないのか?
「よし、行くか・・・。」
小さく吠えた声は、まさにロックスター黒沢本人のものだ。
 
早送りで進めていくにつれ、俺は期待に押しつぶされそうになっていた。
さっきのトイレには、確かにウンコの匂いが残っていた。まさか・・・。
だいぶ時間が経ってから、画面の中でついにドアが開いた。
銀のスーツに身を固めた、眼光鋭いロックスターが入ってきた!
今日のステージの後半で着けていた衣装そのままだ。マフィアのボスみたいで、すげえかっこいい。
首筋に玉のような汗が光っている。3時間のコンサートで、すっかり汗だくのようだ。
便座を上げずに、かちゃかちゃとベルトをはずしはじめた。俺の鼓動がばくばくと鳴る。
バックルをいじりながら、くるっと後ろ向きになった。銀のスーツズボンが、するすると下がっていく。
ああ、よかった。センスのいいブランドの黒のボクブリだ。
汗でぐっしょりと濡れ、筋肉質な尻にぴったりと張り付いている。マジでエロすぎる。
その下着もずるっと下げて、ふうっ、と息を付きながら、剥き出しの尻を便座にどっかりと乗せた。