駅の便所で#2

ビニールブクロの持ち合わせがなかったのか、汚物はかなり厳重にくるまれていた。
まず現れたのが、水状の下痢でじっとり濡れたトイレットペーパーだ。
中の汚物からあふれ出したのだろう、つんとした下痢臭が鼻を突く。
次に、白のステテコの、だぶだぶに延びたゴムが見えてきた。道理で包みが大きいわけだ。
このステテコ、かなりの親父臭を発している。何日か履いてたのかも。下痢臭も強い。
そして、そのゴムの隙間に、汚物の本体がいた。
下痢まみれの白ブリーフ。こっちのゴムも延びっぱなし。
脱ぎ立てで、親父の体温と体臭がまだしっかり残ってる。
俺はステテコとブリーフを広げた。
やっぱり、でかいサイズだ。2枚一気に脱いだようだ。
ケツのところがマジで下痢まみれになってる。限界を超えて我慢してたのか、相当の下痢糞を漏らしていた。
ブリーフは後ろ全体が茶色でべっとり、粘土状のウンコがいくつか団子になってる。
ステテコにも下痢が染み出していて、ケツと股のところはぐしょぐしょだ。
「すげえ!親父の下痢糞ブリーフ、くせえ・・・!」
俺はステテコごと顔に近づけると、ブリーフの中に鼻を埋めた。
ガテン親父の脂っこい体臭と、熟成された下痢糞の凶悪な臭気を、くはあ、くはあ、と嗅ぎまくる。
「うわ、くっせえ!親父の下痢漏らしブリーフ、すげ、くっせえ!」
大の男の、敗戦の証。汗だくでこの中にぶちまいた第一波の音を想像する。
朝の下り急行列車をこらえられなかったなんて、50を過ぎて初めてのアクシデントだったかもしれない。
ブリーフの前も嗅ぐ。何日か履いてたんだろう、つーんとションベン臭い。
玉のところはもわっと脂くせえのに、ケツ側に鼻をずらすほど下痢臭が強くなる。
大人の雄としての魅力と、雄にあるまじき醜態の、すばらしいコントラストだ。
「すげえ、親父のケツ汁たまんねえ・・・下痢糞たまんねえ・・・すげえくっせえよお・・・!」
親父はまだ手を洗ってる。あのごつい体、いかつい髭面。きつくしかめた眉。
―ちくしょう、ちくしょう。べびべび、ぶううっ、びじゅうううっ。―
 
・・・チンポも頭もショートする寸前、親父の下痢糞ブリーフを口の中に押し込んだ。
そのまま、ぐっちゃ、にっちゃ、ぐっちゅうっ、とかんで、親父のウンコ汁をじゅばじゅば音を立ててしゃぶった!
「うぶっ・・・親父!あああ!にげえっ!・・・ウンコ!くせえ!にげえ!!おえっ・・・うめえ!!たまんねえ!!!ああああ!!!」
どびゅううううっ!大噴水だった。
絶頂の間も、ガテン親父の尻から漏れた下痢とウンコの激烈な苦みとえぐみを舌全体で楽しんだ。
 
どんどんどんどん!!
おい!こら!変態!!何してんだよ!!バカ野郎!!
親父だ。すげえ剣幕。今ここから出たら、確実に殺されるな・・・。
ちくしょう、なんだよ、ちくしょう、となにやら鼻息荒くそこらを行ったり来たりしている親父。と思うと。
 
どんどんどん!・・・おい!こら!変態野郎!!出てこいよ!!!
再び親父の怒声。それから親父は便所の外へ出たようだ。
ちくしょう、このやろう。と、しばらく外でぶつぶつ聞こえる。
俺を待ち伏せしてるんだ・・・。
そのまま数分が過ぎた。そして。
 
たったったっ・・・
ずどおおおおおん!!!
なかなか出てこない俺に業を煮やしたのだろう、
便所に走り込んできた親父が個室のドアを思いっきり蹴り飛ばしやがった!!
 
後は、沈黙が続いた。
そのうち、何も知らないほかの人たちが入れ替わりに入ってきて、用を足しはじめた。
おそるおそるドアを開けると、親父の姿はどこにも見あたらなかった。
ま、あんなにぶち切れるのも無理ないよな。
自分が一番隠したい「大のお漏らしブリーフ」を、あれだけくせえくせえ言われながら思いっきりズリネタに使われたんだから。
すげえ恥ずかしかっただろうなあ。ぐへへへ。
 
今はもう電車の中。
俺のカバンには、ガチムチ親父がこしらえてくれた下痢糞ブリーフと汚れたステテコの塊が、しっかりと収まってる。
くるんであった下痢付きトイレットペーパーも完全回収。
もちろん、俺の鼻の穴には親父の臭い下痢糞がたっぷりと塗り込んである。
くっせえ一日の始まりだぜ。
 
(完)