夜行バスで#3

それから1時間、親父のチンポをねぶり、穴をいじり、恥ずかしい味を堪能した。
ウンコもかき出す。穴の周りに塗る。チンポに塗る。
ウンコ味のチンポがうまい。そのうちに、亀頭の先からとろーっと我慢汁があふれてきたではないか。
寝ていても感じるところは感じるらしい。もっと感じさせてやろう。
ウンコで汚れ切ったケツの穴はもうなんの抵抗もなく2本指を受け入れてくれた。3本に増やしてしまおう。
大いびきの酔っぱらい親父のケツの穴は簡単に3本の指を突っ込ませてくれた。ぐちゅっぐちゅっと音がするほどかき混ぜる。
今夜は親父で遊ぶのだ。チンポも勃起させてみよう。
穴をかき回しながら、本格的なバキュームフェラを開始。あっという間にでっかいフランクフルトの完成だ。
闇の中で目を近づけてよく見ると、大人の男の使い込まれた立派なチンポだった。何人の女に使ったんだろう。
しかし、イカ臭く雄臭く下痢臭いチンポをこんなにおっ勃てやがって。溜まってるのか?
ぼでっと毛だらけの玉袋から、もうもうと雄の匂いが上がりはじめる。割れ目のほうからは下痢の匂いが上がってくる。
こんな臭いのを嗅ぎ続けてるから、私のチンポだってがちがちなんだよ。親父さんのウンコ穴に入れたくてたまらんのだよ。
3本の指で下痢をどんどんかき出して、でかチンに塗る。
くせえチンポに、ソフトクリームでもなめるようにべろべろとしゃぶり付き、舌を絡ませた。
苦みのきつい下痢クリームを味わっていると、とろとろと雄のやらしい汁が次から次へとわいてくる。
ケツをほじくられながらチンポをなめられて、酔っぱらいの強面親父が寝ながら感じてやがる。このまま雄のクリームも出させよう。
 
30分ほど、べろべろちゅーちゅーとなめしゃぶり、ずぼずぼぐちゅぐちゅと穴をかき混ぜた。大きめの前立腺を揉みつぶした。
臭い玉がきゅうっと上がり、突然、親父の体がぐぐぐっと硬直した。いくのだ。いけ親父!
びゅうううっ!どびゅうううっ!びゅるびゅるびゅるうっ!
濃くて苦めの精液の噴水が始まり、ケツの穴が指を締め付けた。いけ!親父!
べろべろぐちゅぐちゅ。親父のチンポが硬くなり、さらにびゅるびゅるとゼリー状の子種を吐き出した。
それでも起きない。いびきをかいて、気持ちよさそうだ。
雄のクリームがたっぷり乗ったがちがちのチンポに改めて雄穴から下痢クリームを取り出し、たっぷり加える。
くせえチンポだなあ。いった直後で敏感なはずのでっかい亀頭をべろべろべろと味わう。
大人の男の下痢と精液のクリームはうまいぜ。
強い刺激にチンポがびくびくと躍り、ぴゅっと液を飛ばす。穴から下痢をかき出して上塗りする。
もう我慢できない。親父のケツが食いたい・・・。
 
散らかったゴミを片づけてやると、私は親父のズボンとトランクスを完全に脱がせた。靴はもう脱いでいたので、案外簡単だった。
分厚い太腿を左右に広げて大股を開かせると、その間に入り、しゃがみ込んだ。
だらんと投げ出された親父のぶっとい両足をぐいっと持ち上げ、前の空席の背に乗せた。
肉付きのいいでかケツが椅子から浮き上がる。臭い匂いがいよいよ強くなる。
隣の席から毛布を取ってたたむと、ケツの下に押し込んだ。
親父の巨体をよいしょと動かして、ケツの穴が丸見えになるように調整する。
なんとかうまくいった・・・。
ぐふううう・・・ごがあああ・・・ぐふううう・・・
しゃがみ込むと、下痢臭いケツの穴に口をつけ、両手で尻たぶを割り開いて、恥ずかしい穴にむしゃぶりついた。