羽倉盛り#11

ぶじゅじゅじゅじゅじゅじゅじゅじゅじゅ!
「ああっ!出るっ!だめだ!あっ!あっ!ああっ!出るう!!出るうう!!」
どびゅううううううう!!どびゅううううううう!!
ぐぶりゅっ!ぐぶりゅぐぶりゅぐぶりゅりゅぐぶりゅりゅぐぶりゅりゅっ!
ぐびゅりゅびゅりゅびゅりゅびゅりゅぐびゅりゅりゅぐびゅびゅりゅりゅりゅっ!
羽倉さんが客の前で射精と排便を同時に始めた。
「エル・シチリアーノ」を20年近く支えてきた男。
奥さんもいて従業員にも慕われている、かっこいい親父。
大の男のシェフが、人前で大便と精液を垂れ流す光景はあまりに衝撃的だった。
ぐぶりゅりゅぐぶりゅぶりゅぶりゅぐびゅりゅびゅりゅぐびゅりゅりゅびゅりゅぐぶりゅりゅぐぶりゅりゅっ!
「くっせえ糞だなあ!54歳の既婚シェフの糞はこんなにくせえのか!鼻がもげそうだ!おお、くせえくせえ!」
ぐびゅりゅりゅびゅりゅりゅりゅぐぶりゅりゅぐびゅりゅりゅぐぶりゅりゅぐびゅりゅりゅりゅぐぶりゅぐぶりゅりゅっ!
どびゅううう!どびゅううううう!どびゅううう!どびゅううううう!
「すごい量だ!羽倉シェフのチンポコ、子作り中!精子濃いなあ!元気な子供できちゃうよ!」
ぐぶりゅりゅぐびゅりゅりゅぐぶりゅぐぶりゅぐぶりゅぐぶりゅぐびゅりゅりゅぐぶりゅりゅぐぶりゅりゅぐぶりゅりゅっ!
「ああん!ああん!出るう!すげえ!ああん!出るう!すげえ!ああん!ああん!」
羽倉さん、女みたいな嬌声を上げて、大便と精液を垂れ流している。
普段あんなに男らしいシェフが、女みたいにあんあん言って、
尻から大便を、チンポから精液を、同時に垂れ流してる。
パスタ皿はもう大便の山。
茶色いどろどろの軟便がパスタを完全に覆い隠しても、尻からまだまだ排泄される。
その汚い音、下痢臭さといったら、それこそ鼻も耳ももげるほどだった。
昼からずっと我慢していただけあって、50代の親父の腸内には極悪な激臭ウンコが溜まっていたんだ。
見ると、ワイングラスにはミルクのように濃い白濁の精液がたっぷり。
がちがちのフランクフルトからは、まだびゅうびゅうと白いのがはじけている。
羽倉さんのかっこいい顔は快感でこれ以上ないほどゆがみ、白目が見えるほどぶっ飛んでいた。
ぐぶりゅぐぶりゅりゅぐぶじゅじゅぶじゅじゅじゅぐぶりゅりゅぐぶりゅぐぶじゅじゅじゅっ!
「ああん!ああん!出るう!ああん!ああん!ああん!出るう!ああん!」
すごい声。すごい大便。すごい精液。
ようやく射精が収まってきた頃、さらにすごいことが始まった。
「さて、ここからは私にお任せを。この男、狂い泣きさせてみせましょう。」
「よっ!待ってました柏木さん!」
鈴木さんが手をたたいてはやす。
柏木さんは、まだ精液をぴゅっぴゅっと吐き出しているフランクフルトを三谷さんから交代してつかむと、
例のきゅるきゅるマシンにずぼっと差し入れた。
そして、コントローラーを向けて、手早くスイッチを操作したとたん。
「あぐううう!あはああん!やめて!すげえ!すげえ!あああん!あああん!あああん!あはあああん!!
ぐううううう!!いくううううううう!!!」