羽倉盛り#7

びゅううううっ!!
びゅうううっ、びゅうううっ、びゅうううっ!!
びゅううっ、びゅううっ、びゅううっ、びゅううっ!!
すっかり赤紫になった亀頭の割れ目からすごい量の精液が飛んだ。
真っ白いロケット弾が、三谷さんの顔をかすめて、いくつもいくつも発射された。
「ああああ!!いく、いくううう!!あああ!!すげえ!!あああああ!!いくううう!!」
羽倉さんは全身を魚みたいにびちびちのたうたせ、顔に自分の精液を浴びながら、すごい声であえいでいる。
これ、部屋の外にも聞こえてるよ絶対。
鈴木さんがにこやかに笑ってる。三谷さんはにっと勝ち誇ってる。田山さんは溜息混じりに感心してる。
柏木さんは・・・なんと、そこら中に飛び散る羽倉さんの精液を回収していた。
空中の弾丸を皿で受け止め、テーブルに着弾した精液をパンで拭き取る。ぽっちゃりした体で、驚くほど手早い。
そんななか、羽倉さんは快感のままに射精し続けた。
パンで裏筋をこすられながら、54歳とは思えない、激しい絶頂を、俺の前で繰り返していた。
 
ようやく吹き出し終わった羽倉さんは、フランクフルトをでっかくしたまま、はああ、はああ、と全身で息を切らしている。
普段冷静な羽倉さんが、こんなに燃えて乱れるなんて・・・。
 
「失礼します。」
時間の止まった部屋に突然、外川さんが料理を運んできた。
羽倉さんを見ないようにしながら室内に足を踏み入れた一瞬、鼻にしわを寄せた。
やっぱり、この部屋臭いんだ・・・。
「モッツァレラチーズとトマトソースのシンプルなパスタでございます。」
「どうもありがとう。わあ、おいしそう。」
俺が取り分けようとして、気づいた。俺、羽倉さんの白ブリーフを手に握りしめたままだった。
「しっかりサーブして差し上げてるか?」
外川さんが、どん、と背中をたたいて声をかけてくれたけど、
俺は恥ずかしくて、まともに振り向く気になれなかった。
「あら、優君はちゃあんと仕事してくれてるわよ?とっても和やかな会になってるの。」
「ありがとうございます。それでは、引き続きお楽しみくださいませ。」
 
外川さんが部屋を出ていってから、俺はブリーフをテーブルに置き、パスタを取り分けはじめた。
すると、柏木さんがおずおずと1枚の皿を差し出してきた。
皿の上には、べっとりと大量の精液が乗っている。さっき回収していたものだ。
「あの・・・皆さんで頂きましょう。」
「精液をパスタに混ぜてお出ししなさい。5人分取り分けてから混ぜるんだよ。」
羽倉さんの優しい声だ。いつもの冷静な羽倉さんに戻ってる。
「あとでウンチョビパスタも作るから、全体の半分にしてちょうだいね。
少ないパスタのほうが羽倉君の味をしっかり楽しめるでしょう?」
鈴木さんもいつもの(?)口調に戻ってる。
ほんとに羽倉さんのことがお気に入りなんだなあ。
羽倉さんは黙っているけど、きっと、さらに恥ずかしい目に合わされるのを覚悟しているのかも。
皿の精液を五つのパスタに分け入れる。
ゼリー状にこってりとしてて、どろーっ、と流れていく、54歳の白濁液。
これを俺も食べるんだ・・・。