羽倉盛り#2

夕方からは忙しくなる。
バイトも入れて11人で回すにはちょっと大きな店内に客も上々の入りだった。
そこへ7時の「お客様」が訪れた。
 
「本日はエル・シチリアーノへようこそおこしいただきました。」
「元気そうねえ羽倉君。相変わらずかっこいいわ。前回会ったばかりだけどさあ。」
なんというか、この老紳士にはただならぬオーラを感じる。
「はい、その節はどうも。鈴木さん、こいつが新入りの布谷優です。優でいいですから好きに使ってやってください。」
「優君ね。あら、じゃあ今日はあなたがお相手してくれるんだ。」
「はい、よろしくお願いします。」
「ちゃんと勤まるかしらねえ。」
鈴木さんは一瞬俺を目で値踏みした後、振り返って背後の連れらしい3人へ上品に笑いかけた。いずれも年輩者だ。
 
ぞろぞろと個室へ向かう老人たちは、やはりどの人もどこかの重役さんだろうか。
にしても、鈴木さんには例えようのない芸術的華やかさがあった。
簡単には人を寄せ付けない何かがぱっと咲いてるような。
俺なんかには雲の上の人たちだな、と心中で溜息を漏らしながら、皆を室内へ導いた。
「この部屋もずいぶん古びてきたわねえ。今度の冬で店は20周年、羽倉君も55になるんだっけ?」
「はい、おかげさまで。」
「そうよね。その時には我々も特っ別のフルコースでお祝いしなきゃあいけないわねえ。」
「いえいえ。いつもありがとうございます。」
「ところで羽倉君。そろそろ準備しなくていいの?」
「ええ、ただいま持たせます。しばらくの間ご歓談ください。優、行くぞ。」
「失礼します。」
鈴木さんの「楽しみにしてるわ。」の声を尻目に羽倉さんと厨房へ急いだが、なんだか彼の空気がどことなく緊張している。
いや、この客人たちが来店してから、羽倉さんはバカに腰が低い。
鈴木さんは羽倉さんの大先輩なのだろうか。
「優、これからちょっといろいろあるが。びっくりするなよ?」
羽倉さんは俺を安心させようとしてか、なんとか笑ってみせた。
 
厨房で俺は自分の目を疑った。
入るや、羽倉さんは手慣れたスピードで着ている物を全部脱ぎはじめたのだ。
俺たちコックの目の前で無言でどんどん裸になってく羽倉さんは、まるでこれから風呂でも入るかのよう。
紺の制服、カラーシャツ、ズボン、そして下はCKのホワイトブリーフだった。
「布谷!ちゃっちゃと運べ!」
腰のラインにぴったりと張り付いている下着1枚の羽倉さんにぼうっとしてたら、調理台から急かす外川さんの声が飛ぶ。
そこには今回の客人に用意したオードブル。
「あの、シェフは?」
「いいんだよ!内の店はあれで半分成り立ってんだ。いいから動け。」
外川さんが小声で説明してくれても半信半疑のまま、一緒に料理を準備台まで運ぶ。
「健、いつもサンキュな。」
そこには木の板が敷かれ、既に羽倉さんが仰向けに寝そべっていた。一糸まとわぬ姿で。
「大丈夫です、シェフ。布谷、盛りつけるぞ。」
まさか羽倉さんに?と思う間にも、外川さんはてきぱきと作業に取りかかっていった。