和尚の尻を揉む

「おい、揉んでくれ!」
夕飯の後、縁側から岩鉄和尚が私を呼びつける。
「ただいま!」と応えて小走りに行くともう、うつ伏せで待っている。
「疲れた。腰を揉んでくれ。」
「はい、和尚様。」
これが私と岩鉄和尚の、毎晩の習わしである。
私が弟子入りしてから今日まで、和尚の腰揉みは、一度たりとも欠かしたことがない。
「畑仕事は腰にこたえる。ワシは体がでかいからのう。」
「さようでございましょう、和尚様。」
「貴様は若い故、何も感ずることもなかろうが、ワシのような年になるとな、腰が重とうてかなわんのだ。」
「さようでございましょう、和尚様。」
「貴様、くりやに入って手伝いをするな。男のくせに、みっともないぞ。いつも言っておろうが。」
「申し訳ございません、和尚様。」
話はたいてい、これでおしまい。
後は、物も言わずに、ただただ和尚の腰を揉むのが決まりだ。
 
私は、このひとときが楽しみでならない。
なぜなら、誰も来ない縁側で、岩鉄和尚の腰を揉むしばらくの間、
和尚のでかい尻の割れ目に鼻をうずめて、臭い穴の匂いを嗅いでいられるからだ。
とりわけ、今夜のように熱い夏場は、当たり前に褌一本で寝転がる和尚なので、
褌の上から尻の匂いをたっぷり嗅ぎ回すことができる。
 
岩鉄和尚の腰を揉むのは並大抵ではない。
二十六貫もある和尚の腰周りは、まさしく分厚い肉の壁で覆われている。
そこを丁寧に芯までほぐしていけば、半時かかるのはざらだった。
その分、目の前の臭い尻に鼻を当てていられるのだ。
私が初めに岩鉄和尚の尻の臭さに気づいたのも、この腰揉みのおかげだった。
揉んでいると、顔を近づけなくても、尻に付いた糞の匂いが上がってくるのである。
私が和尚のでかい尻を狙うには、一番手っ取り早いのだった。
 
さあ、和尚。今宵も臭い尻でございますかな?
鼻を褌にこすりつけ、腰の辺りから尻の割れ目に沿って嗅いでいく。
くせ・・・。うわ、くせえ・・・。もうちょっと下・・・。
うっ、くっせえ。ここだ。ここが一番臭い。
和尚の尻の穴を鼻で見つけたときは、幸せでたまらない。
手は動かしつつ、くんくんと匂いを嗅ぎ続ける。
この、くーんと鼻に抜ける、糞の強い臭みが癖になる。
 
腰がほぐれた頃、手を尻へと移す。
尻を割るようにして、二つの硬い山を揉む。
「おい、貴様。そこは腰か?」
「いえ、尻でございます、和尚様。」
「なぜ尻を揉む。ワシは腰を揉めと言ったのだぞ。」
「腰揉みは終わりました。腰への血の巡りを良くするために、尻を揉んでいるのです。」
しばらくの間、岩鉄和尚は黙っていたが。
「そうか。好きにするがよい。」
と言う。これもお決まりのやり取りだ。
待ってましたとばかりに、悪びれもせず岩鉄和尚の尻を揉む。
褌ごとぐいぐいと山を押し、谷を開く。紐がゆるんでくるまで続ける。
そのうち、和尚がぐうぐうと寝息を立てはじめる。
そうなるともう、私の手は止まらない。
 
褌の紐を探ってゆっくりとゆるめてから、尻たぶを鷲掴みにして、がばぁ、と割る。
深々とした割れ目がこれでもかと開く。
ゆるんだ褌を割れ目に沿って食い込ませ、尻穴に布を撫でつける。
岩鉄和尚の尻穴のくぼみを指で何度もなぞる。その指を嗅ぐ。
ああ、くっせえなあ。
穴に張り付いた白い布は、明らかに茶色がかっている。和尚の糞のシミだ。
そして。いよいよ、めいっぱいに開かされたままの割れ目の奥へ、恐れることなく鼻を差し入れる。
尻の穴にぴったりと鼻を押し当て、思い切り息を吸い込む。
「おお、和尚様の尻の穴、くせえ・・・!」
小声で叫ぶ。鼻を割れ目に差し入れたまま、尻たぶを閉じる。
私は今、師匠である岩鉄の、尻の奥に鼻を突っ込んでいる。
和尚の尻穴と、私の鼻を隔てる物は、たったの布一枚きり。
岩鉄め、なんて尻の臭い和尚なんだ。
風呂も入らず、ちゃんと尻も拭けず、たいそうだらしない親父様ではないか。
よし、この私がその汚い尻の匂いを嗅いでやろう。
「くっせ・・・くっせえ・・・!岩鉄和尚の尻の穴は、ほんとにくせえなあ・・・!」
もう揉むことをやめて、嗅いで嗅いで嗅ぎ回す。
臭い。糞が鼻に入ったかと思うほど、臭い。臭すぎる。
再び割れ目をいっぱいに開いて、穴に鼻をぐいぐい押し当てて嗅ぐ。
ああ、くせえ、くせえよお・・・。岩鉄和尚、好きだよお・・・。
ついに、和尚の尻の匂いを嗅ぎながら、自分のマラをいじり、センズリをかく。
上からは獣のような高いびきが聞こえる。
「ふう、ふう、和尚様あ!くせえ!和尚様の尻の穴、くせえよお!」
気をやる刹那、割れ目を力いっぱい開き、鼻を褌に激しくこすりつける。
尻穴の股側の、一番臭いところを、ふがふがと鼻息を立てて思い切り嗅ぐ。すると。
ぶほっ、ぶうううっ、ぶっ、ぶうっ、ぶうううううっ!
力を加えられた尻穴が震えて、何発もの屁をこいた。
屁は私の鼻も震わせて、鼻の中までまっすぐ流れ込んでくる。
「ああ!和尚様あ!くせえよお!!好きだよお!!」
私は果てた。
 
「和尚様。腰揉みが終わりました。起きてください。」
「ん・・・おお、終わったか。貴様は腰揉みではなく尻揉みをすると言っていたぞ。」
「はい、尻揉みも終わりました。すっきりされましたか?」
和尚がでかい体をもぞもぞと動かして、ぬぼお、と身を起こす。
「ああ、すっきりした。明日の晩も頼むぞ。」
「はい、和尚様。」
褌の紐を結び直して立ち上がった。
そのまま、かわやへと歩き出す。小便だ。
和尚は寝てすっきり。私はセンズリかいてすっきり。
私の鼻にはまだ、和尚様の尻の匂いがしつこく残っている。
これが毎晩の習わしである。
 
岩鉄和尚の眠りの深さは日本一。尻の臭さも日本一。
鈍い和尚の汚い尻を、私はあの手この手で楽しむのだ。