弟子の告白

「片づけておけ。」
岩鉄和尚が私にそう言い捨てて、本堂を出ていった。
朝の修行を終えて、これから畑仕事に出るのだろう。
和尚が立ち去り、しんとした本堂で、私は床に這いつくばった。
先ほどまで和尚のでかい尻が乗っかっていた座布団に顔を近づけ、鼻を押し当てる。
「うっ、くせ・・・!」
まだ少し、尻の温もりが残る座布団。
その真ん中に、岩鉄和尚の尻の、いや、糞の匂いがある。
ぷーんと、とても臭い。
「くせえ・・・岩鉄和尚、好きだ・・・くっせえ・・・。」
私は犬のようにくんくんと鼻を鳴らして、和尚の臭い座布団を嗅ぎ回る。
これが私の、日課の始まりだ。
 
大柄な岩鉄和尚が座ったところはいつも、いとおしいほど臭い。
三度の飯を終えて立ち上がった後の座布団も、必ず嗅ぐ。
奥さんがしていた洗濯も、弟子入りしてすぐに買って出た。
三日に一度しか取り替えない和尚の褌には、決まって糞がこびりついている。
汚れた褌を手持ちの古いのとすり替える。
岩鉄和尚の臭い褌を毎日袂に忍ばせておき、誰もいないときに取り出して嗅ぐ。
これも私の日課だ。
 
岩鉄和尚は、私に対していろいろと厳しい。
修行中の姿勢や動作から、畑の作り方、風呂のたき方、箸の持ち方まで。
何度も殴られた。とにかく頑固でおっかない親父様だ。
もちろん、この禅寺を守る立派なお方なのだから、弟子に厳しいのは当たり前である。
なにしろ、ここの村で最も敬われている男の一人なのだ。
しかし、自分のこと、特に修行以外のこととなると、何かと甘い。
大食らいの大男で、肉も酒も食らう生臭坊主。
風呂も面倒くさがり、尻もちゃんと拭かない。だから、尻が臭い。
それだけでなく、和尚は「豆いじり」がたいそう好きだ。
岩鉄和尚には、五歳年下の妻がいる。
珍しいというか、村の人たちもあまり口にしたがらないことだった。
その奥さんの豆いじりを、和尚は毎夜欠かさない。
今年四十八になったとは思えない腰の強さで、ばんばんばんばんと奥さんを突く。
半時も突きまくった頃、熊のように吠えて、ようやく精を放つ。
色欲にのめり込む和尚の一部始終を、物陰からのぞく。親父様の臭い褌を嗅ぎながら。
これも私の大事な日課だ。
「岩鉄」という名に反して、快楽にはめっぽう弱い和尚なのだ。
 
私が弟子入りを果たしたのは2年前、十六のとき。
あちこち奉公に出ていたのだが、どうしても自分の村の和尚様が忘れられず、弟子入りを自ら願い出た。
ちょうど一人息子がほかの寺に弟子入りして、跡取りを探していたところだった。
岩鉄和尚のでかい尻をねぶりたい。
その邪念一心でこの寺に住み込みを始めたとは、誰一人、知る由もない。
 
私と岩鉄和尚の、臭い、汚い、そして淫らな毎日を、密かに綴っていきたいと思う。