還暦の穴#3

満員の車内で、土肥に身動きするスペースは全くない。
一方、俺には土肥の背中とドアとの隙間が使える。
土肥に密着して、彼の体を完全に固定することも容易だ。
つまり、このノンケの還暦親父は、電車を降りるまでの30分間、
尻を揉まれ、穴に指を入れられ、中のウンコを遊ばれ、
終いには尻で気持ちよくさせられてしまうしか、選択肢がないというわけだ。
土肥にもそれが分かっているのか、今のところむやみに抵抗しようとはしてこない。
毛だらけの尻の穴にずぶずぶと俺の指を受け入れてくれる。
「頼む・・・もうやめてくれ・・・頼むよ・・・。」
土肥は俺にだけ聞こえる声で懇願する。俺の目を見て、真剣に訴えかけてくる。
知り合いだと思っていた青年にされるいたずらにしては、あまりにひどい、いや、あまりに臭い思いをさせられているのだから、
社会経験豊富な土肥さんの心中は察するに余りある。
「こんな若造にケツの穴をいじられて恥ずかしいでしょう、土肥さん。俺、ずっと土肥さんのケツを狙ってたんだよ。
土肥さんのウンコ、下痢臭くてすごくいいよ。俺の鼻の中、見てよ。」
息をする度、空気が猛烈に臭い。還暦親父のウンコが俺の鼻にも入ったばかり。
土肥の体臭も、頭から発するポマード臭もブレンドされて、鼻はもう土肥まみれだ。
彼の目に自分の軟便が詰まった俺の鼻の穴が見えるのか、とても渋い顔をした。かわいい親父だなあ。
すかさず、指でかき出した新たな糞を俺の口の中に入れてみせる。
茶色の塊は、チョコレートほどの大きさだ。
土肥に見えるように、彼の尻から出た温かいチョコレートをくちゃくちゃと前歯で噛む。
ほぐれたかけらを舌に絡めて味わう。
「うわあ、臭くて苦いよ、土肥さん。土肥さんのチョコレート、臭くて苦いよ。土肥さんのウンコ、カスがいっぱいだよ。」
「・・・君は何をしてるか分かってるのか?変態だぞ、それは・・・。」
「そうだよ、俺は土肥さんのことが大好きなド変態なんだ。土肥さんのウンコ、もっとほじくらせてね、食べたいんだよ。」
土肥の左耳にかぶりつき、唾液と糞汁でべろべろに汚す。
何度もトランクスに手を入れ、毛深い穴をいじくる。
今朝排便したという割に、温かい直腸には糞の柔らかいかけらがたくさん残っている。
かき出してもかき出しても、ひだや奥を指でずるずる探索すると、必ず宝石が見つかる。
これだから、還暦の穴は掘削しがいがあるんだよ。
「土肥さんのウンコ、くっせえ。土肥さんのウンコ、カスだらけ。土肥さんのウンコ、うめえ。」
耳元でぐちゃぐちゃと噛み、臭い・苦い・うまい・柔らかい・温かい・・・と取れたての糞に対する様々な感想を吹き込み続ける。
ノンケ親父の尻の穴からは、何度も何度も糞がかき出されて、トランクスが汚れてきた。
もはや土肥は無言だった。
自らの臭い糞で息をさせられて、尻から糞をかきだされて、くっちゃくっちゃと味わわれて・・・。
駅では温厚だった紳士の両目に絶望的な色が浮かび、全身は屈辱で凍り付いていた。
へへへ、もっと狂わせてやるからな・・・。